Q&A

現在の家を売って新居に買い替えたいのですが、どうすれば良いのでしょうか?
買い替えの場合、いろいろなパターンがあります。
いくつか例をあげてみますので参考にして下さい。

1.『現在の家には借り入れがなく、ある程度の自己資金もあり、問題なく新たに住宅ローンが組める』
この場合、新しい住宅の購入に際しては深刻に考える必要は特にありません。


2.『現在の家には住宅ローンはないが、自己資金もしくは住宅ローンに難がある』
この場合、新しく購入する不動産の資金に、現在の家の売却代金を充当することになります。
仮住まいなどの準備が出来る時は、まず売却して資金を確保してから、新しい住宅の購入に向かいます。


3.『現在の家にはがあるものの、自己資金があり、住宅ローンを組むことが出来る場合』
この場合は、新しい住宅の購入は問題ないでしょう。しかし、現在の住宅ローンの取り扱いによって、新しい住宅ローンの組み方や現在の家の売却方針が決まってきます。事前によく不動産会社や銀行と相談することが重要です。


4.『現在の家には住宅ローンがあり、自己資金もしくは新規の住宅ローンに難がある』
この場合、まず売却をし資金を確保する必要があります。仮住まいが出来るのか、売却した資金で希望通りの家が買えるのか、動き出す前によく検討する必要があります。
個人間で直接不動産を売買するのは法律違反になりませんか。
法律違反にはなりません。
宅地建物取引業の免許を必要とする「宅地建物取引業」とは宅地建物取引業法という法律によって
以下の様に定められています。

第一章 第二条の二 宅地建物取引業
 宅地若しくは建物の売買若しくは交換又は宅地若しくは建物の売買、交換若しくは賃貸の代理若しくは媒介をする行為で業として行うものをいう。
とされており、「業として行う」とは、不特定多数の者のために反復継続して行う行為と解釈されていますので、個人が自己の不動産を売却したり、個人が直接売主から直接購入することは法律違反にはなりません。
しかしここで注意が必要なのは「もめごと」です。
一般的には安全な取引が出来る様に、不動産業者が間に入るわけですから
個人間売買は全てにおいて自己責任となりますので十分注意が必要です。
不動産査定書がほしいのですが、どこに相談すればよいのでしょうか?
まず、なぜ不動産査定書を手に入れたいのか、目的によって依頼先も変わります。

売却が目的もしくは最終的な行き先になるのであれば、不動産会社に依頼してもよろしいかと思われますが、不動産会社は、契約が伴っての業務であり、手数料収入になりますので、単純に査定書だけを作成してくれと依頼しても断ってくる業者もあるかと思います。
それ以外の査定そのものが目的の場合、依頼先は「不動産鑑定士」になります。

不動産鑑定士の場合、鑑定(査定)そのものが業務になりますので、ご依頼のまま査定書(鑑定書)を作成して頂けると思います。その際は、作成手数料が発生します。

また、不動産会社が作成する査定書には、特段の規定や書式はなく、各不動産会社により様々です。独自に作成しているものですので、非売品であり、一般の方が入手するのは難しいです。

不動産会社の業務として、査定書を提出することが望ましいものの現実に全ての不動産会社が作成しているとは限りません。

.
マンションは売れますか?
もちろん売れます!
1階でも売れますか?
もちろん!

ページの先頭に戻る

会社概要

不動産情報センタープラネット
有限会社イトー住販

〒606-0953
京都市左京区松ヶ崎海尻町5番地

地図・アクセス方法

TEL:075-722-5100
FAX:075-722-5101
営業時間 8:30~20:00
(月・火・日) 8:30~19:00
定休日 水曜日

お問合わせはこちらから